胡蝶蘭も産直なら新鮮で価格も安い

通販のフラワーギフトを使うとき、選ぶ基準としては栽培農家から直で発送してくる、生産者直送を採用している通販店が良いでしょう。

なぜ、産直をお勧めするのかというと、中間にある花市場を経由しないので、時間の経過が少なく、花の鮮度が保たれ新鮮なこと、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。
胡蝶蘭の通販も同じで、栽培農家からの直送がおすすめです。入院患者のお見舞いに、気持ちを癒すため、綺麗な花を持参することがありますが、鉢植えになったお花は「根を生やす」として嫌がられます。お見舞いに胡蝶蘭を贈りたいなら、鉢から取り出して根をカットするなど、絶対に鉢に入った状態で届けないようにして下さい。

このマナーさえ分かっていれば、ニオイや花粉の量が微々たる胡蝶蘭は、病室を飾る花としては最上のお見舞い花です。
ビジネスシーンの周年記念日にも、祝花に胡蝶蘭が選ばれますが、失礼にならない程度のマナーは、頭に入れておいた方が良いと思います。

たとえば、胡蝶蘭でも赤系統は、火や火事をイメージさせるので、赤系一色の胡蝶蘭は送らないようにしましょう。
それと、立札を付けるのを忘れないようにしましょう。

他からも祝花がたくさん届くので、贈り主が一目で分かるようにするのもマナーです。フラワーギフトで胡蝶蘭をおくるのは、出店祝いや結婚式だけでなく、お供えとして用いるケースもあるんです。
コチョウ欄という花は、悲しい気持ちをいやしてくれると言われていて、葬儀などのシーンでも贈ることはマナー違反ではないそうです。胡蝶蘭の歴史の始まりは、19世紀に貴族や裕福層の間で起こったヨーロッパの欄ブームで、群を抜いたその優美なたたずまいが、より美しい新種を求めることになり、胡蝶蘭の原種発見に繋がるわけです。

気になるこちょうランの価格ですが、 相手のシーンや、相手先との人間関係によって違ってきます。恋人や夫婦のギフトであれば3千円程度のミディ胡蝶蘭で十分だし、仕事関係であれば大倫の3本立て胡蝶蘭以上を選ぶのがマナーです。

どちらにしても、こちょうランの値段が花屋より安いのがネット販売で、時には6割ほど安く購入出来たりします。

これは中間コストを削減しているショップが多いためで、生産者から、直接消費者へ発送しているからなんです。

スマホで簡単にネットが使える現代では、フラワーギフトの通販サイトも、最近ではスマホから簡単に注文できます。それに加えて、細やかなサービスも充実しているので、メッセージカードの内容やラッピングまでタダで行ってくれます。配送やお届けについても言えることで、全国スピード配送や条件によっては当日配達まで出来ちゃいます。

フラワーギフトが身近で便利になった証拠ですね。
お祝いシーンのフラワーギフトの定番は胡蝶蘭ですが、個人的にお祝いするなら一万円~三万円程度が相場です。

ネットが発達した現代では、ウェブサイトを活用する方も多くなり、色々なライフシーンに対応したコチョウ欄の通販店が人気です。

東南アジアで19世紀に発見されたこちょうランは、国内に持ち込まれたのは、明治の頃の話です。蝶が舞い降りたようなフラワーを咲かせることから、名前の由来が来ているのが胡蝶蘭ですが、美しさだけでなく花言葉(純粋な愛)も人気の要因なのです。
胡蝶蘭のお手入れ方法ですが、そんなに難しいことはありません。1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、鉢への植え替えの仕方も非常に楽ちんです。しかしながら、厳しい寒さには強くないので、人が快適だと感じる程度の温度を保ってあげましょう。

あと、直射日光もダメなので、暖かくて落ち着くところが良いですね。

フラワーギフトは素敵ですが、贈られる側のシチュエーションに沿った花言葉のものを選ぶことで、花を贈られた人の感激も一層深まるというものです。
例えば、美しく高級なイメージの胡蝶蘭はよく門出などで贈られますが、全ての品種に共通する花言葉、「純真」「幸せを運んでくる」の他、色別にそれぞれの花言葉をもっています。

胡蝶蘭に限った話ではありませんが、フラワーギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、単に花をおくるというだけでなく、より強い想いが伝わるはずです。
育て方も知っておいたほうが良い胡蝶蘭ですが、ある程度の暖かさが必要なのは、覚えておいた方が良いでしょう。
こちょうランが育った故郷は熱帯地域なのですが、暖かく明るい日陰で暮らしていたので、実は、太陽の光が直接当たるのもよくありません。

15度~20度前後が適切な温度で、置き場所は風通しも考慮してあげないといけません。水を与えるのは7日~10日に一回程度でよく、胡蝶蘭の鉢の表面が乾いてきたら与えるようにするくらいです。

フラワーギフトの場合、花を包むラッピングも大切です。例えば、ラッピングを赤にすると豪華な印象になるし、ラップングを緑にすると新鮮な印象を埋めやすくなります。
昨今の通販ショップでは、ほぼ全てのケースで、無料のラッピングサービスを行っています。
胡蝶蘭を送る時の立札なども、サービスに含んでいる通販店が増えてきています。

様々な種類がある胡蝶蘭ですが、分ける基準の一つに、花びらのサイズ違いによるものがあります。開店祝いなどでよく見られるのが、大倫という一番花のサイズが大きい種類です。

それに対し、個人的なプレゼントや、記念日のギフトなど、少し価格の安いミディサイズという胡蝶蘭もあります。
どう選ぶかですが、贈り先との関係性やシーンによって大体決まっています。

フラワーギフトで胡蝶蘭が人気なのには理由があります。
ひとつは、蝶が舞い降りたような美しさ、さらに、コチョウ欄の持つフラワー言葉や長持ちすることも理由の一つです。

一般的な花束などは、直ぐにしおれてしまい日持ちしませんし、こういった事を考えても、数か月咲き続ける胡蝶蘭は喜ばれるわけです。お祝いに贈る花としては、やっぱり胡蝶蘭にする人が圧倒的に多いわけです。お世話になってるサイト>>>>>胡蝶蘭は産地直送の通販で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です